このエントリーをはてなブックマークに追加

フィトリフトの成分や安全性について

 

フィトリフトは、無添加処方の化粧品で安心して使えるオールインワンジェルです。

 

香料、鉱物油、着色料、パラぺン、などは一切使用されていません、

 

また、アレルギーバッチのテストをクリアした商品です。

 

フィトリフト

 

 

フィトリフトの成分は安全性が高い!

 

フィトリフトはお肌に対して危険な成分は使用していません、

 

普通に使う場合には全く問題のない成分が配合されていますので安心して使用できます。

 

フィトリフトはアレルギーテストを行っていますので安心ですが、ただし、人の肌は様々です、

 

使われる方の肌質によっては合わない場合も考えられますので、

 

目立たないところで一度パッチテストを行なった方が良いでしょう。

 

肌に必要な成分すべて配合

 

3大美容成分がたっぷり!

 

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • プラセンタ

 

フィト発酵エキス

 

自然免疫学から開発されたフィト発酵エキスは、キレイな肌に導くすごいパワーを持っています、

 

3大美容成分のヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタを超える力を持っています。

 

フィト発酵エキスはヒアルロン酸の6.14倍の潤い力、またコラーゲンの3.13倍の弾力、さらにプラセンタの約2倍のハリを与えてくれます。

 

大豆エキス

 

大豆エキスは大豆の種子から抽出されるエキスでイソフラボンを豊富に含んでいます。

 

保湿、抗炎症、美白、細胞活性化などが期待できます。

 

コメセラミド

 

コメセラミドは米ぬかやコメ胚芽から抽出された成分です、水分保持機能があり、メラニンの生成抑制作用があります。

 

浸透性コラーゲン

 

浸透性コラーゲンは従来のコラーゲンの分子量の1000分の1まで小さくしたもので、

 

表皮の内部の真皮層にまで浸透してコラーゲンを生成し高い保湿効果が期待できます。

 

スーパーヒアルロン酸

 

スーパーヒアルロン酸は通常のヒアルロン酸の約2倍の保水量があり、角質の保湿力に優れています。

 

ビタミンC 誘導体

 

ビタミンC誘導体の特徴は即効性です、短期間で皮膚に吸収されてビタミンC本来の効果が期待できます。

 

壊れやすく吸収率の低いビタミンCを、リン酸と結合させより皮膚への吸収率を高めて効果を持続させます、

 

ビタミンC本来の特性を生かせる状態にしたものです。

 

バラ子房エキス

 

バラ子房エキスはバラの子房から抽出したエキスで、それが角質層にまで浸透し透き通った感じのある肌に整えてくれます。

 

肌にハリがあれば見た目が変わる

 

フィトリフトの配合成分一覧

 

テトラエチルヘキ酸ペンタエリスリチル

 

化粧品の油性成分として使用感の改善に使用されます。

 

(PEG-240/デシルテトラデセヌ-20/HDI)コポリマー

 

弾力性や形状記憶のために多く使われています。

 

パントエアアグロメランス培養溶解質エキス

 

少ない量でも免疫活性化を発揮するのが特徴です、食品でも使われていて安心な素材です。

 

BG

 

一般的に抗菌剤、保湿剤として使用されています。 肌の刺激がとても少なくて現在では多くの化粧品に使用されています。

 

グリセリン

 

保湿剤として製品の粘度や硬さを長い期間一定の品質に保つために使用されています、

 

皮膚に対するのびや滑りを良くしてくれます、また吸収性に優れていますので皮膚に潤いを与えてくれます 、

 

目薬や薬品の溶剤軟膏基材としても多く使用されています。

 

ハイブリットローズ子房エキス

 

バラの子房から抽出した成分で、皮膚に潤いを与え、固くなってしまった肌を柔軟にしてくれます。

 

ダイズエキス

 

成分にイソフラボンを含み、保湿や美白、肌荒れ防止、などが期待できます、

 

肌や身体への刺激がとても低くとても安全な成分です。

 

ヒアルロン酸Na

 

ヒアルロン酸は安全性の高い保湿成分です、油分と違いしっとりとした質感を出してくれます、

 

今では化粧品にはなくてはならない存在です。

 

グリコシルセラミド

 

私たちの肌にも存在している成分です、肌のバリア機能を高め、アトピー性皮膚炎やお肌の老化予防に期待出来ます。

 

リンゴ果実培養細胞エキス

 

スイス産のりんごの幹細胞を人工培養にて増やした摘出エキスです、

 

あらゆる細胞に変化する能力と細胞を修復する能力があります、

 

乾燥や肌荒れ、しわ、シミなどにおすすめで、美容液やクリームなどに配合されています。

 

セチルヒドロキシプロリン

 

肌の保湿や表皮への水分吸収性に優れています、

 

刺激性や毒性はなく、アレルギーや副作用の報告がほとんどないため、

 

安全性が非常に高い成分であると言われています。

 

アセチルヒアルロン酸Na

 

通常のヒアルロン酸に比べると2倍の保湿力があります、保湿性、吸収性がとても高いのが特徴です。

 

オリゴペプチド-24

 

アミノ酸からなるタンパク質です、浸透性がよく、肌の柔軟性や弾力を高め、肌の老化予防におすすめです。

 

アセチルデカペプチド-3

 

顔の表情ジワにおすすめな成分です、化粧品の成分としてはとても人気が高い成分です、

 

顔の表情が変化することによって口元や目元などに出る表情じわは筋肉の緊張によってできます、

 

その神経伝達物質の分泌を抑え緩和させる働きがあると言われています。

 

白金ナノコロイド

 

白金(プラチナ) がサイズの極微小な粒子に加工され、 液体や気体の中に均一に分散したコロイド状のことを指します、

 

しわやたるみ、目の下のクマ、肌のくすみなど肌の老化を抑制するのに期待できます。

 

オウレンエキス

 

オウレンエキスとは多年草の根や茎のエキスです、抗菌作用、抗炎症作用などの働きがあると言われています。

 

レチノイン酸トコフェリル

 

肌のハリやシワ対策成分のレチノイン酸とビタミンEを結合させてくれます、肌に刺激がないように加工された誘導体になります、

 

コラーゲンの生成を促進したりヒアルロン酸を増やしてくれます。

 

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

 

コラーゲン生成の促進やコラーゲン分解酵素の抑制、皮脂の酸化抑制、メラニン生成の抑制などがあります、

 

ビタミンC誘導体より角質層への浸透率が高いと言われています。

 

グリチルレチン酸ステアリル

 

樹脂原料によく溶けるためクリームやオイル系の化粧品に多く使われています、

 

皮膚の炎症やかぶれの防止、ニキビや肌荒れ予防によく使用されます、

 

クリームや化粧水、乳液、洗顔料、基礎化粧品、シャンプー、リンス、などに多く配合されています。

 

アルギニン

 

アルギニンはアミノ酸の一種です、成長ホルモンの分泌を良くし筋肉を強くしたり免疫力を向上させると言われています、

 

アルギニンは肌を保湿し新陳代謝を高めると言われています。

 

カンテン

 

天草に含まれる多糖類を熱で抽出し水分を除いた乾燥物です、

 

増粘剤として優れた性質を持っているため化粧品などにもよく使用されます。

 

エチルヘキシルグリセリン

 

グリセリンと同じ程度の保湿作用がありますが、エチルヘキシルグリセリンには消臭や抗菌作用などがあるために

 

防腐剤の配合を軽減させるため、または不使用の目的のために化粧品に配合されています。

 

ジメチコン

 

製品を乳化する際の気泡を取り除いたり、テクスチャーが変化しないように調整剤として使用されます

 

セテアリルグルコシド

 

乳化剤として使用される界面活性剤になります、 乳化安定剤として多くの化粧品に配合されています、

 

効果を得るためには少量で済むために 危険性はかなり低いと言われています、

 

肌がとても敏感な人は使用前にパッチテストを行うようにするとよいでしょう。

 

ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

 

乳化安定剤として化粧品によく使用されています、とうもろこしを原料としています。

 

トリグリセリル

 

ココナッツオイルから抽出されたグリセリンです、 菌が細胞組織内に侵入するのを防ぐ働きがあります、

 

とてもを酸化しにくく安定性があるため医薬品や化粧品によく使用されます。

 

レシチン

 

レシチンは肌への浸透率が良く、化粧品に用いるとその成分を角質層に届けやすくしてくれる効果が期待できます、

 

食品などにもよく利用されています。

 

ポリソルベート80

 

非イオン界面活性剤です、油と水を混ざった状態にできる乳化剤として使用されます、

 

現在では幅広く化粧品に利用されています。

 

トコフェロール

 

ビタミン Eの事で食事として取ると健康にとても良いとされています、

 

化粧品に使うとお肌を守る成分としてとても良く、肌の老化や肌荒れ防止に期待出来ます。

 

α-グルカン

 

肌の常在菌に対して環境を整える働きがあります、

 

皮膚に柔軟性を保ちコンディションを整えてくれます、

 

ローションや乳液、スキンケア製品に多く使用されています。

 

キサンタンガム

 

肌の表面で保護膜を作る作用があり化粧品に多く使用されています。

 

フェノキシエタノール

 

化粧品の防腐剤や殺菌剤としてよく使用されています、

 

パラペンなどに比べるととても低刺激で肌の弱い人にもおすすめです。

 

ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

 

特に欧米では化粧品に長い間使用されています、

 

カビ類などにとても有効で皮膚にも優しい防腐剤です。

 

成分をよく見てみると、フィトリフトには安全性が高く肌に優しい成分が多く使用されていることがわかります。

 

フィトリフトはオールインワン

 

フィト発酵エキスへの期待

 

現在、微生物の構成成分である糖脂質が生体でどのように働くかが徐々にわかってきました。

 

そして免疫力、特に自然治癒にかかわる免疫を賦活化することが明らかにされつつあります。

 

この糖脂質をうまく活用すれば、病院や西洋薬に頼らず健康を維持することが期待できるのではないかと言われています。

 

フィト発酵エキスは、私たちの肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す「線維芽細胞」を増やす力が、

 

なんと約2倍もあることがわかりました。

 

また、「フィト発酵エキス」は植物性成分ですので、

 

ウイルスや菌の心配がつきものの動物性プラセンタと違い、安心な植物性エイジングケア成分です。

 

フィトリフトで肌のハリ・弾力UP

 

フィト発酵エキスは、体内に存在するマクロファージと呼ばれる免疫細胞を活性化する働きがあります。

 

マクロファージが活性化すると、老廃物を食べて消化し、

 

新陳代謝を活発にし、細胞増殖因子の産生量が増えます。

 

これにより真皮の線維芽細胞が増殖すれば、

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの肌に欠かせない成分が生み出され、

 

肌のハリや弾力が増します。

 

実際に、保湿にも効果があると言われるプラセンタと比較してみても、

 

約1.37倍ヒアルロン酸が増加していることがわかりました。

 

フィトリフトは肌のターンオーバーを促進

 

肌は日々生まれ変わっており、ひとつの細胞の寿命「ターンオーバー」は、一般的には約28日といわれています。

 

しかしながら、このターンオーバーは年齢を経るごとに周期が長くなります。

 

個人差はありますが、20代のころには28日周期だったのが、

 

30代になると約40日、40代では約60日、さらに60代以降は3カ月超になります。

 

「フィト発酵エキス」は肌の成長因子(FGF-2)を増加させることで皮膚新生を助け、

 

ターンオーバーを促進し、本来肌が持っている生まれ変わる力を引き出します。

 

遺伝子発現検査でも、「フィト発酵エキス」の有無で調べた結果、

 

約10倍も肌の成長因子が増えていることがわかりました。

 

また、実際に人の皮膚で検証した結果でも、ターンオーバー促進効果がみられています。

 

フィトリフトの高保湿効果

 

「フィト発酵エキス」は、親油性(皮脂になじむ部分)と親水性(水になじむ部分)の二つの特性を兼ね備えた

 

特徴的な分子構造をしています。

 

そのため、肌の表面に塗布すると親油性の部分が皮脂になじみ、

 

親水性の部分が水分を保持する役目を担い、皮膚の保水力を高めます。

 

シワ・シミ・たるみなどの原因となる乾燥から角層を守ることができる素材です。

 

フィトリフトで抵抗力アップ

 

「フィト発酵エキス」が肌に浸透すると、「マクロファージ」が活性化。

 

肌のバリア機能が高まり、ダメージを引き起こす細菌やウイルスから肌を守ってくれます。

 

また、免疫バランスが正常化され、アレルギーやアトピーを緩和します。

 

アトピーの疾患部に塗布した臨床試験でも、改善効果がみられています。

 

1個で5役

 

公式サイトが最安値の激安販売店です。

 

 

※フィトリフトに副作用ってあるの?

 

※フィトリフトをアトピー肌の人が使ったらどうなるの?

 

※フィトリフトは敏感肌でも使えるの?

 

 

トップページへ行く

    このエントリーをはてなブックマークに追加